学ぶことで健康になり生産性をつくる
調子が上がらないときにすべき3つの解決法。言葉をポジィティブに変えよう。
調子が上がらないときにすべき3つの解決法。言葉をポジィティブに変えよう。

調子が上がらないときにすべき3つの解決法。言葉をポジィティブに変えよう。


Photo by Karolina Grabowska on Pexels.com

 

 

あなたは調子が上がらない日が来たら

どう乗り越えていますか?

 

そのままの状態で仕事をしても

作業の効率が落ちるだけではなく

その仕事の成果がクオリティの

低いものになってしまいます。

 

そうならないためにも「調子を元に戻す」

それを意識してその日を過ごしましょう。

 

 

 

 

自分の言葉をポジティブに言い換える

 

調子がでない日は誰しもあります。

 

その状態がきたら今日はそういう日なんだと

決めて少しでも前向きになれるように

自分が発する言葉をすべて

ポジティブに変えていきましょう。

 

「仕事がいっぱい」→「自分にできることがある」

「疲れた」→「それだけ頑張っている証拠」

「うまくいかない」→「それだけ行動している」

 

とポジティブに捉えることでやる気が湧いてきます。

 

言葉を言い換えるだけで「調子」

というものは上げることができます。

 

悲観的にならず前を向いていきましょう。

 

 

 

 

ご褒美を用意する

 

「今日は朝から駄目だな」と感じたら

「今日は贅沢しよう」と決めることで

やる気が湧いてきて調子は上がります。

 

でないのならでるくらいの理由をつくることが

調子が上がらないときの乗り切るコツです。

 

仕事のためではなくご褒美のために今日は頑張るぞ

という気持ちを持つことが大切になります。

 

定期的に自分に対してご褒美の時間をつくると

調子がいい状態をキープすることができます。

 

自分の生活のリズムを見直してみて

自分を癒す時間を作ってみましょう。

 

 

 

 

のんびり過ごす

 

いろいろ試したけどそれでも調子が

でない日はでないという方もいるでしょう。

 

そういうときは深く考えずに

「のんびり」と1日を過ごしましょう。

 

自分を休めるために頑張らないことも必要です。

あなたは頑張りすぎているのかもしれません。

 

何も目的を持たずに1日を

のんびりと過ごす時間は自分を休めて

そして自分を見つめ直す必要な時間なのです。

 

調子が戻るまで休むことをしましょう。

 

急がずゆっくりでいいのです。

 

 

 

 

まとめ

 

調子がでないのならでるために

すべきことをしましょう。

 

 

そのためには

 

・自分の言葉をポジティブに言い換える

・ご褒美を用意する

・のんびりと過ごす

 

これらが良き解決法です。

 

 

なかでも自分の言葉をポジティブに

言い換えるとやる気の出方が違います。

 

いかに普段から自分はネガティブな言葉を

使っていたのだと気付かされます。

 

言葉1つ変えるだけでそのものの

捉え方が大きく変わります。

 

調子がでない日はネガティブにならずに

ポジティブに捉え調子を上げていきましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。