学ぶことで健康になり生産性をつくる
失敗の数ほど人生は面白くなる。3つの失敗をしよう。
失敗の数ほど人生は面白くなる。3つの失敗をしよう。

失敗の数ほど人生は面白くなる。3つの失敗をしよう。


Photo by Nicola Barts on Pexels.com

 

 

あなたは最近いつ失敗を経験しましたか?

 

失敗することは誰しも嫌います。

しかしなにかに成功をしたり

人生を面白くするには

失敗は避けては通れない道です。

 

いまのままの人生も楽しいと思いますが

その先にある人生の方が何倍も楽しいのです。

 

恐れずに失敗をしていきましょう。

 

 

 

 

小さく失敗しよう

 

失敗すると言ってもいきなり大きな失敗をすると

後戻りができない状態になってしまいます。

 

最初は失敗してもローリスクで

済むことをしていきましょう。

 

副業なら数万でチャレンジできるものをやる

といったようにいきなり高額なお金を

かけずにできることをしましょう。

 

これらなら失敗しても数万円の損ですみます。

 

たくさんの経験を得てから少しずつ

チャレンジするレベルを上げていきましょう。

 

 

 

 

数多く失敗しよう

 

失敗の数ほど成功に近づくことができます。

 

失敗を繰り返している人を見ると

中にはそれを見下したりする人がいると思います。

 

しかしその人はいずれ成功します。

 

世の中には「失敗」と「成功」の2つしかありません。

あなたが「成功」を望むのなら

成功を掴み取るまで失敗を何度も繰り返す

これがなによりの方法なのです。

 

どんな小さな失敗も無駄になることは決してありません。

 

全て経験値としてあなたに返ってくるのです。

 

 

 

 

若いうちに失敗しよう

 

若いうちに失敗をしても

何度でも人生をチャレンジできます。

 

若さがあれば雇ってくれる会社はたくさんあります。

 

あなたがチャレンジしたいことがあったら

会社を辞めてみてそれを全力で

やってみることも良い経験になるでしょう。

 

それができるのは若いうちだけなのです。

 

若いうちに失敗を経験するからこそ30代40代

になったときにその経験が生かせるのです。

 

しかし家庭を持ったり歳を取りすぎていると

再チャレンジすることは難しくなってきます。

 

「若いうちに挑戦しとけば良かったな」

と後悔がないような人生にしていきましょう。

 

 

 

 

まとめ

 

失敗の数ほどあなたの人生は輝き面白くなるのです。

恐れていてはなにも始まりません。

理想の人生にするために失敗をしましょう。

 

 

すべき失敗は

 

・小さく失敗する

・数多く失敗する

・若いうちに失敗する

 

これらを行いましょう。

 

 

なにを始めるのにしても最初は

とりあえず小さく始めることをおすすめします。

 

その分野の経験がないのに大きくチャレンジ

すると高確率で失敗をし大きな損失を生みます。

 

そうならないために最小限の損失ですむような

小さなチャレンジをして経験を積みましょう。

 

その数ほどあなたは成功に近づけます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。