学ぶことで健康になり生産性をつくる
衝動買いを防ぐために役立つ3つの考え方。余裕をなくすことが大切。
衝動買いを防ぐために役立つ3つの考え方。余裕をなくすことが大切。

衝動買いを防ぐために役立つ3つの考え方。余裕をなくすことが大切。


Photo by Hassan OUAJBIR on Pexels.com

 

 

あなたは欲しいものを目にしたときに

すぐに買ってしまうタイプですか?

 

衝動買いをすることはストレスの発散になったり

そのものが手に入るという嬉しさがあります。

 

しかし時間が経つと買ったものが

これは本当に必要だったのか

思うことはよくあるはずです。

 

その結果使わなくなり

無駄な買い物になってしまうのです。

 

そうならないためにも買うときによく考える

ことで衝動買いは防ぐことができるのです。

 

 

 

 

一晩寝て次の日考える

 

欲しいものを目の前にあるときに

すぐに買うのかを判断するのではなく

一度家に帰って次に日に

買うかどうかを判断しましょう。

 

欲しいものに出会った時は人は

興奮状態になり正しい判断が行えなくなります。

 

その結果いらないものを買ったりするのです。

 

それを防ぐために一度家に帰って寝ることにより

興奮がおさまり正しい判断ができるようになります。

 

これを行うと大抵のものは

必要ないと判断することができます。

 

いっときの衝動に負けて

お金を失うことがないようにしていきましょう。

 

 

 

 

いまある物でなんとかならないかと考える

 

あなたが欲しい物に遭遇したときに

いま持っている物で代用できないかと

考えることで過度な購入はしなくなります。

 

最新の家電が発売しても

いまあなたが使っている家電で

なんとかなることがほとんどです。

 

ちょっと機能が追加されただけで大幅に

あなたの生活が変わることはありません。

 

衝動買いをしてしまうのは

考えることを放棄しているのが原因です。

 

なんとかならないと考えることを

することがなにより大切になります。

 

 

 

 

お金がないときに考える

 

自由に使えるお金をたくさん所持していると

それだけ財布の紐は緩みます。

 

普段は買わないものもお金があるからいいかと

考えることなく購入してしまいます。

 

お金があると売っている物の

値段の価値が正しく判断できなくなります。

 

お金がないと少し高かったら買わないものが

お金があると買ってしまいます。

衝動買いをしているときは

お金に余裕がある状態が多いと思います。

 

使えるお金を少なくすることにより

衝動買いは防ぐことができます。

 

 

 

 

まとめ

 

必要なものだけを買い

そうでないものを買わなければ

それだけ将来ためにお金を残せます。

 

 

衝動買いを防ぐためには

 

・一度寝て次の日考える

・持っている物でなんとかならないかと考える

・お金がないときに考える

 

これら有効的な手段です。

 

 

大切なことは「考える」ことです。

 

冷静に考えることができれば

そもそも過度な購入はしません。

 

自分が必要なものと

必要でないものの判断がすぐにできます。

それができないということは

何かしらの原因があります。

 

いっときの誘惑に負けてしまうと

そのクセがついてしまい

お金が貯まらない人生になってしまいます。

 

そうならないために一度立ち止まって

「よく考える」ことをしていきましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。