学ぶことで健康になり生産性をつくる
なにに悩んでいるかわからない時にすべき3つの行動。
なにに悩んでいるかわからない時にすべき3つの行動。

なにに悩んでいるかわからない時にすべき3つの行動。


Photo by Pixabay on Pexels.com

 

 

あなたは無性に悩むことはありますか?

 

ときとして

「なにに悩んでいるかわからない」

そんな状態があると思います。

 

普通の悩みなら1日経てば解消するのに

このわからない状態はなかなか解消しません。

 

それを少しでも解消の道に進めるために

じっとして考えるのではなく

行動に移すことが大切になります。

 

悩みをなくして快適な毎日にしていきましょう。

 

 

 

 

外に出て歩こう

 

「なにに悩んでいるかわからない状態」

の症状が現れたら部屋の中でじっとしていませんか。

 

じっとしていてもその悩みは解消しません。

 

外に出て歩きながら考えるようにしましょう。

 

太陽の光を浴びて体を動かすことで

自分がなにに悩んでいるのかがわかるようになります。

 

動かないとあなたの思考も動こうとはしません。

 

動かないと悩みが余計「深く」なり

気分が晴れない毎日になってしまいます。

 

悩みが発生したらとりあえず歩いて

動きながら考えるようにしましょう。

 

 

 

 

無駄なことをとことんする

 

普段は無駄に動画を見たりゲームを

したりするのを制限している人は

とことん飽きるまで堕落しましょう。

 

普段していることでその「悩み」が

解決しないのなら違うことをする必要があります。

 

思い切って堕落する日々を体験することで

その日々の時間の無駄に気づき

「やる気」が出て悩みが吹っ飛ぶのです。

 

そういった日があっていいのです。

 

また落ち着いた時に前に進めれば

その時間は必要な時間になるのです。

 

 

 

 

過度な運動をする

 

抱えている「謎の悩み」が解消する

秘訣は過度な運動をすることです。

 

「長距離のランニング」「50メートルダッシュ」

「チームスポーツ」「喉が枯れるまでカラオケ」

 

などなど息が上がるレベルの運動をしましょう

中でも仲間内でするスポーツは

「人と会って会話をする」

「過度な運動をする」

このダブルで悩みが解消します。

 

動いて動いて動きまくって気分をスッキリさせましょう。

 

 

 

 

まとめ

 

「なにに悩んでいるかわからない」

そんな状態は誰しも経験があるはずです。

その悩みは動かないと解消はしません。

 

 

そのためにすべきことは

 

・外に出て歩く

・無駄なことをとことんする

・過度な運動をする

 

これらが最も効果的です。

 

 

悩みを抱えて過ごす日々はとてもつまらないです。

 

「毎日が楽しい」その日々が理想です。

 

そのためにはじっとしているのではなく

行動することが大切になります。

 

少しでもその悩んでいる時間を短くすることで

楽しい時間は多くなるのです。

 

抱え込まず前を向いて歩いていきましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。