学ぶことで健康になり生産性をつくる
疲れた時に自分をリラックスさせる3つの方法。オフラインの日を作ろう。
疲れた時に自分をリラックスさせる3つの方法。オフラインの日を作ろう。

疲れた時に自分をリラックスさせる3つの方法。オフラインの日を作ろう。


Photo by Maria Orlova on Pexels.com

 

 

あなたは疲れが溜まったときに

どう乗り越えていますか?

 

溜まった疲れを放置すると不調が現れたり

やる気がでない日々が続いてしまいます。

 

そうならないためにも適度に自分を

リラックスさせる必要があります。

 

仕事をしたい気持ちもわかりますが

ときとして休むことも大切なのです。

 

 

 

 

オフラインの時間を作ろう

 

1日中パソコンとスマホを使用している

そんな生活を送っていませんか。

 

「仕事だからしょうがない」

「暇な時間ができたらスマホ」

 

とずっと電子機器を使用していると

心からリラックスできないのです。

 

休みの日がある時にその日を

オフラインの日として過ごしてみましょう、

 

電子機器に触らないと「何をしたらいいのか」

と戸惑うかもしれませんが

 

そんなものがなくても楽しめることはあります。

 

「読書」「散歩」「絵を描く」「日記を書く」

「ガーデニング」「DIY」「お菓子作り」

 

などなど意外と退屈しないのです。

 

 

 

 

自然を眺める

 

疲れた時に家の中でゴロゴロしていませんか。

 

確かにその状態はとても楽で気分が

落ち着くかもしれませんが疲れが

取れているとはいえないものです。

 

そんな時は外に出て自然を眺めに行きましょう。

 

数分でも眺めるととてもリラックスできます。

 

スマホだけの休日を過ごしていると

「こんなに落ち着ける場所があったのか」

と実感することができます。

 

私たちに必要なものはスマホで得られる

「新しい情報」ではなく「自然」

それが何より大切なものなのです。

 

 

 

銭湯に行く

 

疲れが溜まっているときに行きたい

ところといえばそう銭湯があります。

 

銭湯に入ると幸せを高めてくれる

「エンドルフィン」を誘発されます。

 

幸せを感じることで最高のリラックスができます。

さらに疲れを癒すために露天風呂に入りましょう。

 

「スマホ」などの電子機器を使用せず

「自然」を眺めることができる

「銭湯」は最高のリラックス法の1つなのです。

 

 

 

 

まとめ

 

疲れのサインが現れたら

そのままにせず

しっかりと対処しましょう。

 

 

おすすめの方法は

 

・オフラインの日をつくる

・自然を眺める

・銭湯に行く

 

これらをすると良いです。

 

 

どれも大切なことばかりです。

大人になると「自然」に触れたり

「銭湯」に行く機会が減っていきます。

 

そして電子機器に頼る毎日になります。

 

それでは心からリラックスできず

いつしか「不調」を招きます。

 

そうならないためには

これらを行うだけではなく

子供の頃にしていたスマホのない

自然な生活を思い出してしてみましょう。

 

リラックスできることは必ず見つかります。

溜め込まず疲れを取り除いていきましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。