学ぶことで健康になり生産性をつくる
眠ることは生きること。睡眠のリズムが崩れると起こる3つのリスク。
眠ることは生きること。睡眠のリズムが崩れると起こる3つのリスク。

眠ることは生きること。睡眠のリズムが崩れると起こる3つのリスク。


Photo by Monstera on Pexels.com

 

 

あなたは決まった時間に眠り

決まった時間に起きることができますか?

 

夜更かしをしてしまったりお昼頃まで

寝過ぎてしまうと睡眠のリズムが崩れて

さまざまな影響が体に起こります。

 

そしてそのリズムを戻すことは

経験があると思いますがとても大変です。

いつまでも寝たい自分を制御して

睡眠のリズムを正常に保ちましょう。

 

 

 

 

集中力が持続しない

 

睡眠のリズムの崩れで起こりうる不調は

集中力が持続しないことです。

 

普段いつも通りにできていることが

イライラしたりすぐに中断をしたり

持続できない状態になります。

 

この状態ではやるべきことが疎かになり

それを先延ばしにしたりする原因になります。

 

普段ちゃんとした睡眠で行えているということは

それだけ睡眠は大切だということです。

 

自分にやるべきことあるときは

睡眠のリズムを崩すことなく

高い集中力を持って行えるようにしましょう。

 

 

 

 

食欲をコントロールできない

 

普段過度な食事をしないのになんか今日は

無性に食べたくなる日はありませんか。

 

それが起こる原因は睡眠のリズムが

乱れている時がほとんどです。

 

普段よりも睡眠時間が短いと食欲をコントロール

することができなくなり過度な食事をしてしまいます。

 

その結果肥満などの病気になりうるのです。

 

逆に考えれば体型をキープしたかったら

睡眠に気をつけることで

今の体型を維持することができます。

 

自分の睡眠時間を見直してみることで

過度な食事を防ぐことができます。

 

 

 

 

やる気がでない

 

睡眠リズムが崩れることでよく感じることは

やる気がでないことです。

 

「たっぷり寝たのにまだ横になっていたい」

「やることがあるけど横になろう」

 

とダラダラとした1日を

経験したことがある人は多いはずです。

 

やる気がでないとやるべきことが行えず

つまらない人生になってしまいます。

 

人は行動するようにできています。

 

1日中横になっているとエネルギー

そのものが生まれなくなり

「なにもしたくない」という状態になります。

 

睡眠リズムを崩すことは活動エネルギーを

生産しないということです。

あなたが今やるべきことがあるのならば

しっかりと睡眠するこれしかないのです。

 

 

 

 

まとめ

 

人生において一番重要なことは睡眠です。

睡眠によって動くことも考えることもできるのです。

 

 

睡眠のリズムを崩すと

 

・集中力が持続しない

・食欲がコントロールできない

・やる気がでない

 

これらが起こります。

 

 

なかでも「やる気」が失われてしまうと

それだけでやる予定で溢れていた1日を

ダラダラとした1日にしてしまいます。

 

その度に「今日はダメな日だったたな」

「次からは気をつけよう」と

反省するけれどもまた同じ過ちを犯します。

 

例え今日やることが予定通りに終わらなかったと

しても睡眠だけは乱すことなくしましょう。

 

自分のやるべきことを行うために

朝が辛くてもなんとしてでも起きる

その姿勢をしっかりと持ち続けましょう。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。