学ぶことで健康になり生産性をつくる
健康に生きるならこれをしよう!健康に良いこと3選!
健康に生きるならこれをしよう!健康に良いこと3選!

健康に生きるならこれをしよう!健康に良いこと3選!


Photo by KoolShooters on Pexels.com

 

あなたは健康に気をつけて

普段してることはありますか?

 

いつまでも若々しくあり続けるためにも

日々健康に気をつけることは大切です。

 

ただ忙しい日々を過ごしていると

気をつけることを疎かにしてしまいます。

 

それではいつしか体調を崩してしまいます。

そうならないために自分にできることから

生活の中に取り入れてみましょう。

 

 

 

 

週に1回運動をしよう

 

大人になると仕事の忙しさに追われて

「運動」をする機会が激減します。

 

運動をしないと肥満になるリスクが

高くなったり老化を加速させます。

 

週に2〜3回を継続して行うのが理想ですが

なかなか時間が取れない方もいるでしょう。

 

そんな方はたった週に1回だけでも運動を

すると大幅な健康効果が期待できます。

 

だからといっていきなり10キロ

走ったりせずにまずは500メートルでも

いいので小さく始めましょう。

 

継続できなければ意味がないのです。

 

 

 

 

断食をしてみよう

 

毎日3食きっちりと食べている方は

胃が休む暇がなく健康にはよくないです。

 

たまには食べないという選択をして

胃を休ませてあげましょう。

 

自分の体と同じで1日ずっと

動き続けたらいずれケガをします。

同じことが胃にもいえるのです。

 

3食食べないといけないという固定観念を

捨ててみることで健康になることができます。

 

 

 

 

30分ごとに立ちあがろう

 

健康において近年で最も問題視されている

ことといえば「座り過ぎ」があります。

 

座り過ぎは死亡するリスクを高めます。

1日に11時間以上座ると死亡リスクが

40%も高くなるというデータがあります。

それだけ座り過ぎは危険なのです。

 

デスクワークをしている人は30分に

一回はなるべく立つようにしましょう。

 

立つことは生きることです。

 

座り過ぎが原因で健康を害したくありません。

 

数分おきにアラームをセット

してみることもいいでしょう。

健康に生きるために立ち上がりましょう。

 

 

 

 

まとめ

 

誰しも不調の状態になったりケガを

したりすることは望んではいないはずです。

健康に気をつけることは生きることです。

 

 

そのためにすべきことは

 

・週に1回の運動

・適度な断食

・30分に1回は立ち上がる

 

これらを行いましょう。

 

とくに座り過ぎは病気になる

リスクが高くなります。

長時間座ることを毎日続けるだけで

肥満になったりします。

 

そうならないために30分に1回は

立ち上がることをしましょう。

 

立ち上がることで気分をリフレッシュ

することができ再び集中して作業を行えます。

 

日々健康に気をつけて病気とは

無縁の毎日にしていきましょう。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。