学ぶことで健康になり生産性をつくる
不調の原因はどこから?3つの疲れの原因をそれぞれ対処することが大事。
不調の原因はどこから?3つの疲れの原因をそれぞれ対処することが大事。

不調の原因はどこから?3つの疲れの原因をそれぞれ対処することが大事。


Photo by Anna Tarazevich on Pexels.com

 

 

あなたは自分の疲れの

原因を理解していますか?

 

疲れには主に3種類あります。

 

「体の疲れ」「心の疲れ」「脳の疲れ」

 

これらはそれぞれにあった

対処法をしないと疲れはとれません。

 

睡眠をしても疲れがよくならない人は

他にも疲れをとる必要があります。

 

疲れを取り除いて快適な生活を送りましょう。

 

 

 

 

体の疲れ  睡眠をしよう

 

運動をしている人や

立ち仕事をしている人

体が疲れやすい状態にあります。

 

その疲れはしっかりと「睡眠」を

とることで改善することができます。

 

睡眠の質を上げるために

寝る前はスマホなどの強い光は

極力浴びないようにしましょう。

 

そして食事は3〜4時間程度前に

済ませとくと消化活動が緩やかになり

快適な睡眠をすることができます。

 

「睡眠」によって

とれる疲れは体だけではなく

「脳」と「心」にもよいのです。

 

 

 

 

脳の疲れ  目を休めせよう

 

「目」から得られる情報で私たちは

物ごとの多くを判断しています。

 

それだけ神経が詰まっていて

「脳」と深い関係があります。

 

近年ではスマホやパソコンを

長時間使う人が多くいます。

 

それだけ目を使うと脳も疲弊します。

できるだけパソコンを長時間使うときは

適度に休憩をして電子機器から目を離しましょう。

 

おすすめの解消法は濡れたタオルを

電子レンジで1分温めて目に置くと

かなりリフレッシュすることができます。

 

毎日使う「目」だからこそ定期的に

休ませて疲れがでないようにしましょう。

 

 

 

 

心の疲れ  紙に書きだそう

 

仕事や人間関係などの不安が

あなたの「心」を少しずつ疲れさせています。

 

不安な日々が続くとそれだけで

毎日が楽しめなくなります。

 

悩んでいることがあったらそれを

紙に書き出すと気分がよくなります。

 

決して頭だけで考えることなく

何が自分をそうさせているのかを

明確化することが大切になります。

 

また悩みや不安があるときは友人や家族と

話すだけでも解消することができます。

 

一人になろうとせず身近にいる人を頼りましょう。

 

 

 

 

まとめ

 

疲れにはそれぞれ異なる原因があります。

自分はなにに疲れているかをハッキリと

することで快適な日々が送れます。

 

 

それは以下の3つがあります

 

・体の疲れ

・脳の疲れ

・心の疲れ

 

そしてこれらにあった対処法をしましょう。

 

・体  睡眠によってよくなる

・脳  目を休めることでよくなる

・心  紙に書き出すとよくなる

 

最近疲れを感じやすくなっている人は

その原因がどこにあるのかを探して

それにあった対処法を実践することで

気分がスッキリします。

 

疲れを取り除いて快適な毎日を目指していきましょう。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。