学ぶことで健康になり生産性をつくる
簡単にやる気を上げる3つの方法。1日を無駄にするな。
簡単にやる気を上げる3つの方法。1日を無駄にするな。

簡単にやる気を上げる3つの方法。1日を無駄にするな。


Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

 

 

あなたはやる気がでないときに

どう対処していますか?

 

やる気がでないとそれだけで

1日が終わってしまったり

ダラダラとした日常になってしまいます。

 

ただ毎日を同じテンションで

いられるかというと難しいところです。

 

自分に合うやる気の出し方を見つけて

少しでも無駄な時間を

過ごさないようにしていきましょう。

 

 

 

 

散歩に出かける

 

朝起きてなんか今日は

やる気がでないと感じたら

「散歩」に出かけましょう。

 

朝は体と頭が固まった状態にあります。

外に出で歩くことにより体を適度に

動かすことができて身体がほぐれます。

 

そして自然とやる気もでてきます。

 

部屋の中でじっとしていても

やる気はあまり湧いてきせん。

体を動かすことで

エネルギーは湧いてくるのです。

 

 

 

 

瞑想をする

 

やる気がでない原因の一つに

頭の中がいっぱいになって

しまっている状態があります。

 

しないといけないことや

先の予定を立てない

いけないことがたくさんあると

どう頑張ってもやる気はでてきません。

 

それを抱え込まずに「瞑想」をしましょう。

 

瞑想をすると頭の中が

すっきりとした状態に

なることができ

とてもリラックスできます。

 

そしてやらないといけないことが

明確に判断することができ

やる気が湧いてきます。

 

「考えること」がたくさんあるときこそ

「考えないこと」を意識しましょう。

 

 

 

 

読書する

 

今日はなにもしたくないと

思うときもあるでしょう。

 

けれど終わってみると

その1日が無駄な1日だったなと

何度も思ったことがあるでしょう。

 

そうならない日にするためにやる気が

でないと感じたらなにも考えずに

「読書」をしましょう。

 

読み進めていくと自然と本の中に

浸ることができ集中して時間を

使っていると実感できるはずです。

 

少したてばやる気もでてきます。

 

1日を無駄にせず「読書」をしてから

今日なにするかを考えましょう。

 

 

 

 

まとめ

 

1日を横になってただ動画を見て

ダラダラと過ごしてはいけません。

やるべきことがあるはずです。

 

 

やる気をだすには

 

・散歩をする

・瞑想をする

・読書をする

 

このいずれかをしましょう。

 

 

疲れたときに横になると

その時点であなたにあった

「やる気」は失われてしまいます。

 

横にならずに座ってから

次なにをするかを考えましょう。

それでもやる気がでないときに

「散歩」「瞑想」「読書」

これらをしてみてください。

 

きっとすぐにやる気がでて

次になにをすべきかが明確になります。

 

1日を無駄にせずに

あなたがやるべきことを

着実に行っていきましょう。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。