学ぶことで健康になり生産性をつくる
少ない労力で成果を出す3つのテクニック。近道はすぐそこにある。
少ない労力で成果を出す3つのテクニック。近道はすぐそこにある。

少ない労力で成果を出す3つのテクニック。近道はすぐそこにある。


Photo by fauxels on Pexels.com

 

 

あなたはどれくらいの

労力で仕事をしていますか?

 

たくさん時間を使えば

使った分だけの成果は出ます。

 

それを短い時間でできたらその空いた

時間をさらに仕事に回すことができます。

 

一つの作業にかかる時間を短くすることで

たくさんの作業をすることができ

成果を上げられるようになります。

 

 

 

 

わからなかったらすぐに聞く

 

自分にわからないことがあったらその場で

深く考えるのではなく人に聞きましょう。

 

自分に解決できるだけの知識がないだけで

あって考えていても答えは出ません。

その考えている時間はもったいないです。

 

自分の知らないことやわからないことに

直面したらすぐに上司や友人に

教えてもらいましょう。

 

相手の時間を奪ってしまうのでは

ないかと思いますが教わった最後に

「ありがとうございます」と言えば

相手は良いことをしたと

良い気分になることができます。

 

 

 

 

できる人をマネる

 

自分よりも優れている人が身近にいる

のならその人を徹底的にマネましょう。

 

成果を出す秘訣はできる人をマネることです。

 

何でもかんでも自分で一からやろうと

するとかなりの労力が必要になります。

お手本がそこにいるのなら

マネて自分のものにしましょう。

 

その人と同じレベルくらいになったら

自己流で頑張れば良いのです。

時間を無駄にすることなく「近道」を

して成果を上げていきましょう。

 

 

 

 

気になることはメモる

 

生活をしている中で気になることが

あったら全てメモをとりましょう。

 

それがなにになるかを考えずに

自分がいいなと思ったことや

ためになったことは紙に書いて

忘れないようにしましょう。

 

いずれそれが仕事の手助けになったり

大きなビジネスになるかもしれません。

 

それを成し遂げるには普段から些細な

ことでもメモる行動が重要になるのです。

 

 

 

 

まとめ

 

短い時間で成果が出せるのなら

それをしない選択肢はありません。

 

 

おすすめの方法は

 

・すぐに人に聞く

・できる人をマネる

・些細なことでもメモる

 

これらがその手助けをしてくれます。

 

 

成果を出す一番の近道はマネることです。

 

あなたが理想としている

完成図がそこにあるのに

マネをしない理由はありません。

 

最初はマネて良いのです。

そのうち自然と力もついてきます。

そのときに自己流のものを作りましょう。

 

あなたが求めている答えは

すぐ近くにあるのです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。