学ぶことで健康になり生産性をつくる
他人と確実に差をつける3つの時間。日常生活の中にチャンスはある。
他人と確実に差をつける3つの時間。日常生活の中にチャンスはある。

他人と確実に差をつける3つの時間。日常生活の中にチャンスはある。


Photo by Kaique Rocha on Pexels.com

 

 

あなたは周りと差をつけていますか?

 

差をつけることができれば有利に

仕事を進めることができ

他人よりも人生が豊かになります。

 

差をつけるためには努力することは

当然ですが物ごとをどう捉えるかで

大きく決まってきます。

探してみるとあなたの生活の中に

「チャンス」は潜んでいるのです。

 

 

 

 

信号待ち

 

この時間は「チャンス」の塊です。

 

普通の人ならスマホいじってしまい

無駄にエネルギーを浪費してしまいます。

 

信号が赤になったら「深呼吸」をしましょう。

心を落ち着かせてリラックスすることで

集中力が上がりストレスが軽減されます。

この退屈な時間をチャンスだと

思えることが他人との「差」をつけます。

 

 

 

 

雨の日

 

朝起きて雨が降っていたら

その日は「チャンス」の日です。

 

普通の人は雨が降っているとやる気が

湧かず行動を疎かにしてしまいます。

雨の日に行動することができれば

それだけ「差」が生まれるのです。

 

人が嫌だなと思うときに頑張れることが

人生においてなにより大切なことなのです。

 

 

 

 

辛いと感じるとき

 

仕事がうまくいかず辛いなと

感じている時間はあなたが

「成長」をしようとしている時間です。

 

 

「辛いからやらない」という

選択肢にするのではなく

「辛いときこそ成長できる」と

思って行動することで劇的に

他人と「差」をつけることができます。

 

 

 

 

まとめ

 

ただ当たり前のようにしてきた

時間は実はチャンスの塊だったのです。

 

その時間をどう使うかで

他人との差は生まれるのです。

 

・信号待ち

・辛いと感じるとき

・雨の日

 

これらが自分にきた時には

「チャンス」だと思い行動をしましょう。

 

周りが行動をしないときに動ける人が

最終的に勝利を収めるのです。



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。