学ぶことで健康になり生産性をつくる
他人を劇的に伸ばす3つの方法。勇気を与えよう。
他人を劇的に伸ばす3つの方法。勇気を与えよう。

他人を劇的に伸ばす3つの方法。勇気を与えよう。


Photo by Katerina Holmes on Pexels.com

 

 

あなたは他人を良くしようとしていますか?

 

職場の人間関係が良くなかったり

パートナーと仲良くできていないと

あなたは「幸せ」になることができません。

 

「他人」に良くするのことが

「自分」までも良くするのです。

 

相手の気持ちになって考えて

他人を良い方向へと

伸ばしていきましょう。

 

 

 

 

勇気づけよう

 

他人の良いところがあったら

その「結果」を褒めるのではなく

その「過程」を褒めましょう。

 

「あなたが努力したから成功した」

「私のために出かけて買いに行ってくれて嬉しい」

 

人はその結果よりも

自分がそれまでにどうしたのかを

指摘される方が何倍も気持ち良いのです。

 

他人がした「行動」を指摘して

伸ばしていきましょう。

 

 

 

 

言い換えてみよう

 

誰にでも良いところもあれば

悪いところもあります。

その悪いところを指摘すると

他人は嫌な気持ちになって

やる気が起きない状態になります。

 

悪い所を「良い言葉」言い換えましょう。

 

計画性がない→すぐやる

・怒りっぽい→正直である

 

といったように良い面を指摘しましょう。

他人の悪い面を見るのではなく

良い面を見るようにしましょう。

 

 

 

 

感謝を伝えよう

 

褒めることも叱ることも

時には必要ですが一番大事なことは

「感謝」の気持ちを伝えることです。

 

「ありがとう」と言われて

嫌な顔をする人なんていません。

 

相手から大事にされていると

思えることが他人を良くします。

 

そして自分だけではなく

 

「あなたのおかげで周りの人も助かった」

 

など周囲の人も巻き込むことで

さらにうれしい状態になります。

 

 

 

 

まとめ

 

人は一人では生きていけません。

 

「パートナー」「会社の人」「友人」「家族」

 

がいるからこそ生きていけるのです。

 

他人を伸ばすことは他人を

良くするだけではなく自分までも

良くなりみんなが幸せになれます。

 

妬み合うのではなく勇気を与えましょう。

叱るのではなく感謝を送りましょう。

 

他人を伸ばすことで全ての人が悩みが

なく幸せに生きることができるのです。



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。