学ぶことで健康になり生産性をつくる
人間関係を良く保つために大切な3つのこと
人間関係を良く保つために大切な3つのこと

人間関係を良く保つために大切な3つのこと


Photo by Mateus Souza on Pexels.com

 

 

あなたはパートナーと「良い関係」を

築くことができていますか?

 

ケンカばかりしていることはお互いにとって

幸せなことではありません。

最初の頃は尽くしていたのに気づいたら

いることが「当たり前」になっていませんか?

良い関係を保つためには程よい距離感が大切です。

一度自分の考えを見直してみる時間が必要なのです。

 

 

 

 

話すことをしよう

 

最近パートナーといつ「話し合い」ましたか?

 

話すことはお互いを理解する上で重要になります。

普段から不安に思っていることを

話し合わないと嫌なことが溜まっていき

やがてそれが原因で口論に発展します。

 

話すことがパートナーとの関係を強くするのです。

いきなり話すのではなく月に1回は話す日を

決めることで話し合いやすくなります。

 

 

 

 

当たり前に捉えない

 

隣にパートナーがいることが

「当たり前」になっていませんか?

 

家事をしてくれることが

何かをしてくれることが

当たり前と感じてしまったら

それは「危険」なことです。

 

常に「感謝」の気持ちを持ちましょう。

 

小さなことでもしてくれたら

ありがとうの気持ちを伝えることが

良い関係を長く保つことができるのです。

 

 

 

 

お互いの距離を知ろう

 

どんなに親しくても一定の「距離」を

持つことはとても大切なことです。

誰しも他人に触れて欲しくないことはあります。

踏み入れてはいけない領域にお互いが

入ることで口論になるのです。

 

踏み入れず相手のことを「尊重」をしましょう。

 

その距離関係がお互いの関係を強くします。

 

 

 

 

まとめ

 

人間関係を長く良い状態に

保つためには「距離」が大事です。

問題が起きそうな予感がしたら

一旦「距離」を置きましょう。

 

最終的に二人が描いていた人生になるので

あればその「選択肢」は間違いではありません。

 

そして話す機会を定期的に作りましょう。

お互いを知る時間が

二人の関係をより強靭なものにします。

 

最後にありがとうの感謝の気持ちを

忘れないでください。

 

いてくれることが当たり前ではないのです。

 

日頃から感謝の気持ちを持つことで

お互いが幸せになることができます。



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。