学ぶことで健康になり生産性をつくる
負ける日があっても気にするな!自分を立ち直す3つの言葉。
負ける日があっても気にするな!自分を立ち直す3つの言葉。

負ける日があっても気にするな!自分を立ち直す3つの言葉。


Photo by Nataliya Vaitkevich on Pexels.com

 

どんなに努力しても

うまくいかない時があります。

そういった時につい自分を責めてはいませんか?

責めても何も解決にはなりません。

負ける日があっても良いのです。

その時間は自分を成長させる貴重な時間です。

大事なのはいかに「立ち直る」かです。

すぐに立ち直ることができる力が

あなたを今よりも何倍にも強くします。

 

 

 

 

80%でいい!

 

あなたは「完璧」を求めようとし過ぎです。

「完璧」を求めるから失敗をするのです。

80%でも50%でも良いのです。

あなたが目標に向かって行動したことは

疑いのない「事実」です。

そこを見るようにしましょう。

たった少ししかやらなかったと捉えるのではなく

行動することができたと自分を褒めましょう。

その積み重ねがあなたを今まで以上に強くします。

 

 

 

 

ダラダラしてもいい!

 

寝坊をしてしまって1日をダラダラと

してしまった経験はありませんか?

してしまったことは変えることができません。

起きてしまったのなら気持ちを切り替えて

贅沢に堕落した1日を過ごしましょう。

また明日頑張れば良いのです。

自分に負ける日があるからこそ普段を

頑張ろうとする気持ちが生まれてくるのです。

 

 

 

 

ご褒美をあげよう!

 

全力で頑張ると誰しも疲れます。

そんな時は自分にご褒美をあげましょう。

大好きな食べ物を食べたり温泉に

行ったりして気分をリフレッシュしましょう。

その大好きな瞬間が送れる喜びが

あなたの行動を強化します。

自分を適度に甘やかすことも

目標を達成させるためには必要なのです。

 

 

 

 

まとめ

 

失敗したっていい。

負けたっていいんです。

 

肝心なのはまた「立ち上がれる」かどうかです。

立ち上がることができれば

それは負けではありません。

毎日を全力で駆け走れるように適度な

休憩の時間とご褒美で自分を高めましょう。

負けた1日になってもその時間をリフレッシュにあて

体力を回復していると思いましょう。

それは次頑張るための必要な時間になるのです。

最高に毎日を送れるようにしていきましょう!



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。