学ぶことで健康になり生産性をつくる
最高の睡眠を得るために簡単に実践できる3つの方法。
最高の睡眠を得るために簡単に実践できる3つの方法。

最高の睡眠を得るために簡単に実践できる3つの方法。


Photo by Pixabay on Pexels.com

 

 

あなたはしっかりと毎晩眠れていますか?

 

眠ることは1日の集中力や判断力を

正常にし仕事のパフォーマンスにつながります。

そして病気にかからない身体を作ることも

「睡眠」がとても大切になってきます。

それでもなかなか寝付けない人が大半です。

眠るためにできることをして

最高の1日にしましょう。

 

 

 

 

あかりを暗くする

 

良い眠りのためには「光」が重要になります。

寝る直前まで「強い光」を浴びていると

脳が睡眠の体制になりません。

寝る1時間前から部屋のあかりは

暗くするようにしましょう。

暗くすることで脳に眠る合図を出すことで

ぐっすりと眠りにつけることができます。

スマホが鳴っても全力で無視をしましょう。

 

 

 

 

温度を下げる

 

部屋の「温度」が高いとなかなか寝付けません。

一説の研究では快適な睡眠には

18度が適切な温度と言われています。

そこまでしなくても良いのですが

なるべく下げることは意識しましょう。

私たちは日中はエネルギーを

使うので体温が上がります。

太陽が沈んで夜になると体は休む体制に

移行するので体温が下がります。

夜に体温を上げないように意識をしましょう。

 

 

 

 

窓を開けよう

 

眠る上で「空気」は非常に重要になってきます。

締め切った部屋では良い眠りは訪れません。

定期的な「換気」を心がけましょう。

おすすめは寝る1時間前に窓を

開けて「換気」をすることです。

1時間開ければ空気はキレイになります。

夏場など窓を開けられない時は部屋の

入り口のドアを開けて換気をしましょう。

良い眠りは良い空気から訪れます。

 

 

 

 

まとめ

 

良い「睡眠」のためにできることをしよう。

快適な状態で日々過ぎすことが

できるのは「睡眠」のおかげです。

睡眠の質を上げることがさらに自分を良くします。

「光」「温度」「空気」といったようなことは

睡眠にとって小さなことかも知れません。

その小さなことを気をつけるだけで

あなたのコンディションは劇的に良くなるのです。

最高の毎日が送れるように

最高の睡眠を目指しましょう。



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。