学ぶことで健康になり生産性をつくる
与えることで人生は豊かにする3つの方法。ありがとうを添えよう。
与えることで人生は豊かにする3つの方法。ありがとうを添えよう。

与えることで人生は豊かにする3つの方法。ありがとうを添えよう。


Photo by Pixabay on Pexels.com

 

 

あなたに豊かな人生を送っていますか?

 

仕事に追われて休みが

取れていない人が多いと思います。

 

仕事だけがあなたの人生ではありません。

 

新しいことやあなたのまだ知らないことが

人生にはたくさんあります。

悔いのない生き方をすることが

後になった時に後悔しません。

豊かな人生にするには「与える」意識を持つことです。

「与える」この行動があなたの未来を決めます。

 

 

 

 

ありがとうを伝えよう

 

日頃から自分になにかされたら

「ありがとう」と言っていますか?

 

してくれることを当たり前だと思ってはいけません。

「ありがとう」のその一言があるだけで

お互い気分が良くなります。

コンビニで物を買う時も

進んでお礼を言いましょう。

その小さな「ありがとう」がのちに

良い結果として返ってきます。

相手のことを常に思いやる気持ちが

自分だけではなく他人そして自分の

周りにいる人までもハッピーにしてくれます。

 

 

 

 

寄付をしよう

 

一般的に「寄付」とは困っている人に

お金を授けることですが

そうでなくても寄付はすることができます。

それが自分が生まれ育った故郷に

「寄付」をすることです。

スーパーやパン屋など昔からあるお店を

利用することも立派な「寄付」の一部です。

あなたが育つことができたのは地元のおかげです。

ありがとうの気持ちを込めて利用しましょう。

 

 

 

 

ボランティアをしよう

 

「ボランティア」は利益も出ないのに

自分の時間を他人に使う理由がわからないと

思う方もいらっしゃるかもしれません。

けど彼らはそんなことは微塵も思っていません。

町がキレイになったり人を助けることが

「生きがい」に感じるのです。

そこに「お金」は入りません。

喜びや幸福感はお金では買えないのです。

お金を使わずにお互いが気持ちよくなれる最高の

瞬間を味わうことができるのがボランティアです。

 

 

 

 

まとめ

 

「人に何かをする」「与える」行為は一見

自分に損しかないと思われがちですが

実際はそうではないのです。

している人達はそんなことを考えたりはしません。

ただ他人が良くなってくれればそれでいいんです。

「妬み合う」ことよりも「助け合う」ことの方が

人生は良くなるとわかっているのです。

自分にはボランティアのように大きなことは

できなくてもお買い物の時にレジで

「ありがとう」の一言を添えてみましょう。

それが人生を豊かにする最適な方法なのです。



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。