学ぶことで健康になり生産性をつくる
習慣をカレンダーに記録すると達成できる3つの理由
習慣をカレンダーに記録すると達成できる3つの理由

習慣をカレンダーに記録すると達成できる3つの理由


Photo by Anete Lusina on Pexels.com

 

痩せるために毎日3キロランニングを

しようと思ったのにできたのは

最初の3日間だけということはよくあります。

目標に向かって努力することは良いことです。

しかし続けられなければ意味がありません。

続ければ必ず成果は目に見える形で現れます。

そこでおすすめなのが行動することができたら

カレンダーに記録することです。

記録をつけることで良いことが沢山あります。

 

 

 

 

目に見えて成果がわかる

 

今日できたことをカレンダーに

丸印やばつ印で記録すると

ひと目で行動できたかわかります。

達成したことが形としてわかっていた方が

やる気が引き起こされます。

そして目標を高く設定するのではなく

あえて500メートル走るだけでも

良いのでハードルを下げましょう。

これなら毎日続けられて記録も

つけられて継続することができます。

 

 

 

 

調子が悪い時もやる気になる

 

続けていくと疲れが溜まりやる気が

出ない日がきます。

そこで諦めてしまって習慣が

続けられない人がたくさんいます。

そんな時はカレンダーを見ましょう。

これまであなたが行動して

達成できた印がそこにはあります。

この記録を途絶えてはいけないと思い

やる気が湧いてくるでしょう。

 

 

 

 

努力の成果がそこにはある

 

今まで続けられなかったことが

ほとんどという人が多いと思います。

1ヶ月間自分の目標に向かって努力を

行なっていればそれが形となり

カレンダーに現れます。

その達成できた印が埋め尽くされたカレンダーは

あなたの努力の成果です。

何度も諦めようとしたこともあるでしょう。

それでも諦めずに前に向かった立派な証拠です。

その成果がご褒美として

あなたの目標を叶えてくれます。

 

 

 

 

まとめ

 

新しいものごとを続けることは

一人で暗闇の中を歩くことと同じです。

その先にあるものがわからないから

挫折するのであってそれを少しでも

助けてくれるものがあれば

やる気が起こり道に迷うことなく

前に突き進むことができます。

今回は記録という方法で視覚化をし

モチベーションを上げることを紹介しました。

一度努力を続けられればまた新たなことがあっても

乗り越えることができます。

その先に美しい景色があると知っているのだから。




コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。