学ぶことで健康になり生産性をつくる
落ち込んだ時にすぐに立ち直れる3つの方法。
落ち込んだ時にすぐに立ち直れる3つの方法。

落ち込んだ時にすぐに立ち直れる3つの方法。


Photo by Zhanna Fort on Pexels.com

 

どんなに頑張って努力しても失敗したりして

報われない結果になることがあります。

その度になんて自分はできない人なんだと

思うことはあまりよくないです。

つまずいてもまた立ち上がれば良いのです。

簡単に成功が手に入ってしまってはつまらないです。

失敗があって学ぶことの方が価値があります。

落ち込ます溜め込まず

前を向いて立ちなおりましょう。

 

 

 

 

へこむ時間を決めよう

 

落ち込むことは誰にしもあることです。

どんなに成功を収めている人でも

失敗をしてへこむことがあります。

成功者との違いは沈んだ時間を

1日中引きずるのか30分で終わらせて

次のことにすすむのかです。

できる人は何時間も引きずりません。

その時間が有益なことを産まないと

わかっているからです。

過去に囚われていてはいつまでも

前に進むことができないです。

今日からへこむ時間は

30分と決め前に進みましょう。

 

 

 

 

できないと感じるとこに成長がある

 

失敗したときにこれは自分には

やってもできないことだと決めつけて

終わらせることがあります。

人は困難な壁にぶち当たった時に

おじけつく生き物です。

その壁の向こうには

成長という言葉が隠れています。

例え困難にぶつかって失敗しても

諦めてはいけません。

必ずその乗り越えた先には

自分成長させてくれるものがあり

それが成果として結果を運んできてくれます。

 

 

 

 

失敗しても次成功すればいい

 

世の中には失敗と成功の2つしかありません。

当然成功する方がハードルは高くなります。

失敗することを恐れることはありません。

その失敗が成功するための道標になります。

失敗なくして成功を

収めることができないのです。

転んでも深く考えずに次は

必ず成功させるぞと思うことが

落ち込んだ時にくよくよせず

前に進める気力になります。

 

 

 

 

まとめ

 

誰しもが落ち込みそして失敗をします。

その失敗から学ぶことは成功を成し遂げた

ことよりもなにより価値があります。

悩んで落ち込んでいる状態は

成長を作っているのです。

それを乗り越えた先に

新たな景色を見ることができます。

失敗をして学んで

そしてまた失敗して学ぶことを

繰り返していけば気がついた時には

成功を手にしていることでしょう。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。