学ぶことで健康になり生産性をつくる
二度寝をしない3つのテクニック。スヌーズボタンは人類の敵である。
二度寝をしない3つのテクニック。スヌーズボタンは人類の敵である。

二度寝をしない3つのテクニック。スヌーズボタンは人類の敵である。


Photo by Karolina Grabowska on Pexels.com

 

予定がある時や仕事のある日にかぎって

二度寝をしてしまい時間ギリギリに

起きしまうことはありませんか?

わかっていても起きるのは難しいものです。

自分ではできないなら工夫をして

スヌーズボタンを押さない環境に

してしまえば良いのです。

実践して優雅な朝がおれるようにしましょう。

 

 

 

 

アラームを遠ざける

 

最大の原因はアラームが

手に届く範囲にあるからです。

近くにあると無意識に触ってしまい

夢の中に連れて行かれます。

それを防ぐためにアラームを

手の届かないところに置きましょう。

これならアラームが鳴ったら体を起こして

止めに行かないといけません。

そして止める頃には目が覚めて二度寝を

したいと思う気持ちが薄れていきます。

それでも効かない場合は

いっそ隣の部屋に置きましょう。

 

 

 

 

アラームを置かない

 

アラームに頼っているから二度寝を

してしまうという考えを持ちましょう。

アラームそのものがなければ

二度寝を防ぐことができます。

そのためには朝日を浴びて起きる

ことが必要になってきます。

寝る前にカーテンを開けとけば

朝になると光が舞い込み気持ちよく

起きることができます。

規則正しい習慣を身につけて朝日で

目覚めることを意識すれば意外と

目覚ましがなくても起きれるのです。

 

 

 

 

朝に予定を入れる

 

それでも起きれない人の場合は

朝に予定を入れましょう。

例えば友人とカフェで集まるとしましょう。

そして遅刻したらコーヒーを奢ります。

というような約束をすれば時間通りに

起きないといけなくなるのです。

自分にできないと思ったら他人と一緒に

何かをしましょう。

そうすれば自然にやる気が引き起こされて

スヌーズという言葉自体忘れているでしょう。

 

 

 

 

まとめ

 

朝は誰しも夢の中にいたいものです。

しかし成功者の多くは早起きをしています。

その時間が高い集中力が発揮し

良いアイデアが思いつくからです。

スヌーズボタンと決別できるかで

あなたの人生は大きく変わります。

少しずつ起きれる習慣を身につけて

今よりも良い日々が

おくれるように挑戦してみてください。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。