学ぶことで健康になり生産性をつくる
つらい二日酔いを防ぐ3つの方法。疲れを持ち越すな!
つらい二日酔いを防ぐ3つの方法。疲れを持ち越すな!

つらい二日酔いを防ぐ3つの方法。疲れを持ち越すな!


Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

 

仕事を終えた時やストレスが溜まったときに欠かせないのがお酒です。

お酒を飲んで美味しいものを食べよく話して笑うことは最高のひとときです。

そんなひとときも気がついたら辛い1日になっています。

そう二日酔いです。

飲みすぎは体に毒です。

そんなに飲むつもりがなくても飲んでしまうのがアルコールの悪いところです。

もう2度味わいたくないと思っていても繰り返してしまうのが私たちです。

二日酔いは飲み方や食べ方で防ぐことができます。

正しい知識を身につけてお酒に溺れることなく楽しんで飲みましょう。

 

 

 

 

お水を飲もう

 

次の日に持ち越さないためにお水は欠かせません。

お水を飲むことで胃腸内のアルコール濃度を

下げる効果があるからです。

目安としは飲むお酒の量と同等のお水を飲むようにしましょう。

食べ終わったあとや寝る前には必ずお水を飲むことを

習慣づければ次の日が辛いことなく過ごすことができます。

そもそも飲みすぎないことが大切です。

 

 

 

 

飲む前にキャベツを食べよう

 

キャベツにはビタミンUが多くふまれています。

これは胃の粘膜表層のムチンという物質を増やす働きをしてくれます。

ムチンがをとると粘膜保護効果が高まり

アルコールによる刺激を胃から守ってくれます。

大体キャベツはおとうしで出てきたり

キャベツのごま油あえなどがメニューにあるはずです。

それらを積極的に食べるようにしましょう。

そのほかにもムチンはブロッコリーや

ネバネバした食品にも含まれています。

 

 

 

 

飲む前に食べて空腹を避けよう

 

空腹の時にアルコールを入れると胃腸からの吸収が早くなり

酔いを促進するだけではなく二日酔いにもなるリスクが上がります。

飲む前にはなにか食べることを意識しましょう。

吸収速度が穏やかになりかなり楽になります。

仕事が終わって体力もいい感じに疲れてお腹も空いている状態で

飲むお酒は格別ですが二日酔いを招きます。

少なくてもおとうしを食べて空腹を避けましょう。

 

 

 

 

まとめ

 

二日酔いになるといいことはありません。

仕事は集中できない状態になり1日中気分が優れないこともあります。

昨日までの楽しかった日々はなんだったのかと幻滅します。

そうならないためにもしっかりと飲む前には食べることを意識しましょう。

そして飲んだ後はお水を忘れずに飲みましょう。

飲みすぎないことが第一ですが時には楽しむことも大切です。

無理をせず飲んで日頃の疲れを癒しましょう。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。