学ぶことで健康になり生産性をつくる
健康にいいお酒ベスト3!飲み方次第で肌が綺麗になる効果も!
健康にいいお酒ベスト3!飲み方次第で肌が綺麗になる効果も!

健康にいいお酒ベスト3!飲み方次第で肌が綺麗になる効果も!


Photo by Isabella Mendes on Pexels.com

 

お酒と聞くと良いイメージが多くないことで有名ですが

飲み方に問題がありお酒自体に問題はなくむしろ良い効果があります。

食べ物と同じで飲みすぎは体に毒しか与えません。

次の日が辛くて何度飲まないと心に決めたのにも

関わらずまた飲んでしまう。

お酒に溺れるのではなくお酒をコントロールして楽しく飲みましょう。

適量ならお酒は肌を良くしたり長生きができるなどいいこともあります。

大切なのは飲み方です。

間違っても大量に飲むことはやめましょう。

 

 

第3位 ビール

 

ビールは糖質の塊で良い印象があまりないことで有名ですが

ビールにはイソα酸というホップ由来の苦味成分が含まれています。

この成分はアルツハイマーや認知機能の改善などに

期待できるという報告があります。

普段何気なく飲んでいたビールにも少しだけ良いことがあるのです。

ただどうしても飲む量が多くなってしまうのが現状です。

ビールを飲むと太るというイメージがありますが

飲むと食べ過ぎを促進します。

よって食べるすぎの原因で肥満を作るので気をつけましょう。

 

 

 

 

第2位 日本酒

 

日本酒には栄養がたくさん含まれています。

グルタミン酸、ロイシンといったアミノ酸が

バランスよく含まれワインと比べると10倍も違います。

アミノ酸は肌を構成するタンパク質の原料で美肌の素と言われています。

日本酒を飲むと肌が良くなるので美しさを極めたい方にはおすすめです。

またお風呂に入れても効果があります。

アルコールの成分に血行を促進する効果があり

保温や発汗を促しアミノ酸の保湿効果により肌がしっとりします。

入浴で美人になりましょう。

 

 

 

 

第1位 赤ワイン

 

赤ワインは体良い飲み物です。

赤ワインにはポリフェノールが豊富に含まれています。

ポリフェノールには抗酸化作用があり老化を防止する力を持っています。

飲んでいる人は認知症やアルツハイマーにかかるリスクが

飲んでいない人と比べて低いことが研究でわかっています。

赤ワインはとても健康に良い飲み物です。

量は1日100ml〜300mlを目安に飲むと良いでしょう。

飲みすぎるとかえって逆効果になるので気をつけましょう。

 

 

 

 

 

まとめ

 

アルコールと上手に付き合えば良い影響もたくさんあります。

お酒は私たちにとってなくてはならない存在です。

飲み方を間違えるとそれが毒となり病気を作る原因になります。

飲まないことが正しい選択だと分かっていても

いきなりやめるとストレスが溜まります。

少しずつ減らしていき適量になるように調整してください。

適量なら体に害はなく肌も綺麗になって楽しく飲むことができます。

お酒は楽しむものです。

楽しく飲んで健康を維持しましょう。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。