学ぶことで健康になり生産性をつくる
あなたの不調の原因を作り出している3つの食品
あなたの不調の原因を作り出している3つの食品

あなたの不調の原因を作り出している3つの食品


Photo by Valeria Boltneva on Pexels.com

 

最近、頭痛の症状が出たり不調が続いて体調が悪かったりしませんか?

もしかしたらその原因は普段食べているものが

作り出しているかもしれません。

いつもと変わらないものを食べていても

病気を引き起こすこともあります。

どんな成分が入っているのかをよく調べて体調が悪かったら

何かを食べてよくするのではなく

何かを食べないことで良くすることを心がけましょう。

 

 

 

 

小麦に含まれるグルテン

 

頭痛がひどいといった症状がある場合はグルテンが

影響している可能性が高いです。

集中力が持続しないことや運動に支障がでる人は

グルテン過敏症になっていることがあります。

グルテンはいろんなところに潜んでいます。

パンをはじめパスタやマーガリン、ソースと

いったものから化粧品にまで使われています。

こういったものを食べないで数ヶ月過ごせば体調が改善さえるでしょう。

 

 

 

 

マーガリンに含まれるトランス脂肪酸

 

トランス脂肪酸は人工的に作られた油です。

食品の風味をよくして食欲を促進させたり、

食感をよくして美味しくさせるために使われています。

そして非常に安く手に入るために多くの食品に含まれています。

ファストフードの揚げ物は言うまでもなく

普段私たちが食べているマーガリンやマヨネーズにも入っています。

これらを食べ続けると集中力や記憶力が低下することがわかっています。

マーガリンを使用するのではなくバターを使用しましょう。

 

 

 

 

お菓子に含まれる砂糖

 

糖は取りすぎると肥満や糖尿病にかかるリスクが大きくなります。

私たちの集中力を下げる要因にもなります。

そして糖には強い中毒性があります。

お菓子を食べたときにやめられないのはこの中毒性により

もっと食べたいという状態になるからです。

砂糖は至るとこに潜んでいます。

パンをはじめ普段食べているお惣菜にも含まれています。

少しの量を入れるだけで美味しくなって

食欲を増してくれるので入れないてはありません。

 

 

 

 

まとめ

 

その体調が悪いのは単なるウイルスによる病気ではありません。

普段の私たちが口にしている食事から引き起こしているのです。

いつもの食事があなたの身体を壊し不調を作ります。

特に小麦、トランス脂肪酸、砂糖が全て入っている食品には気をつけましょう。

コンビニのお惣菜パンにはこれらが全て含まれています。

なにを食べないかを気をつけることにより

不調はなくなり健康な身体を保つことができるのです。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。