学ぶことで健康になり生産性をつくる
糖を摂取しすぎると起こる3つのこと。集中力や不調の原因は糖にある。
糖を摂取しすぎると起こる3つのこと。集中力や不調の原因は糖にある。

糖を摂取しすぎると起こる3つのこと。集中力や不調の原因は糖にある。


Photo by Pixabay on Pexels.com

 

最近仕事がうまくいかないと思うことや集中できないなと感じたら

それは食事が原因かもしれません。特に甘いものをよく仕事の合間に

食べていませんか。集中力がなくなった時には甘いものを

食べて回復すると思いがちですがそれは間違っているのです。

甘いものを食べてもやる気は回復しません。逆にやる気を下げる

ことにまでつながる可能性があります。正しい知識を身につけましょう。

 

 

 

 

甘いものを食べても逆効果

 

ブドウ糖を摂取すると血糖値が急激にあがります。

その上がった血糖値を下げるためにインスリンが放出され

血糖値が急激に下がります。

この下がったことにより集中力の低下や眠気を引き起こす要因になります。

仕事の合間に甘いものは返って仕事の生産性を下げているだけなのです。

甘いものを食べて脳を回復させようと思うことはやめましょう。

 

 

 

 

いろんなところに潜む糖質

 

普段から意識しないといけないのが糖質です。糖質は白米をはじめ

うどんやラーメンなどの麺類に多く含まれています。

これらを主に主食にしている場合はかなり糖質を取りすぎている

傾向にあります。少しでも糖質の量を減らし野菜などを

多く取ることでバランスが良くなります。

特にお米は糖質の塊です。1日3食お米を食べているとやがて糖質の

摂りすぎにより肥満をまねく原因にもなるのです。

野菜などに置き換えるほか減らした分を納豆や豆腐で補うことがおすすめです。

ご飯を食べる順番も野菜から食べ始めると血糖値の上昇が穏やかになります。

 

 

 

 

缶コーヒに気をつけよう

 

休憩の時や喉が乾いた時に自動販売機で清涼飲料水や缶コーヒーを飲む人が

多いと思います。ここにも落とし穴があります。一般的な缶コーヒーには

砂糖がスティックシュガーに例えると5本分も使用されています。

清涼飲料水ならそれよりかなりの砂糖が使われていることはご存知でしょう。

リフレッシュすることも大事ですがその1本の飲み物が仕事の集中力を

もっていっているのです。飲み物を取るときは水かお茶やブラックコーヒー

といった砂糖が入っていないものを選ぶと良いでしょう。

 

 

 

 

まとめ

 

何気ない飲み物や普段の主食には沢山の糖質が含まれています。

知らず知らずのうちに私たちの集中力を奪っていたのです。

わかっていても糖には強い中毒性があります。一度口にすると

やめられないのはご存知でしょう。そこに日頃から耐えれるかで

1日のパフォーマンスに影響します。普段の食事から糖質を見直して

高い集中力が継続して発揮できるように心がけましょう。



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。