学ぶことで健康になり生産性をつくる
仕事の不調は偏った食事が原因である。納豆と野菜でやる気を出す。
仕事の不調は偏った食事が原因である。納豆と野菜でやる気を出す。

仕事の不調は偏った食事が原因である。納豆と野菜でやる気を出す。


Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

 

最近仕事がうまくいかない、ミスを連発するといったことが

頻繁に飽きたらそれは食事が原因かもしれません。

日頃から高カロリーのものばかり食べてはいませんか?

野菜を食べずに時間がないからという理由でファストフードに

駆け込んではいませんか?私たちは食べることにおいても仕事の

一部なのです。それを疎かにするとやがて不調として自分に返ってきます。

 

 

 

 

日中やる気が出ない原因

 

気力が出ない集中力が続かないといった症状は

食事による栄養が足りていない証拠です。

ただ食事をとるだけではお腹を満たしているだけであり

大事なのはしっかりとした栄養をとることにあります。

また糖質が高いものを食べると血糖値スパイラルを引き起こし

集中力が続かない原因にもなります。

自分に足りない栄養は何かしっかりと考えていきましょう。

 

 

 

 

納豆を食べよう

 

納豆菌は体内に入ると悪玉腸内細菌の増殖を抑え感染症の予防になります。

納豆菌が作り出す納豆キナーゼは消化管から血液中に取り入られて血栓が

作られるのを予防する効果があります。

納豆はスーパーやコンビニなど簡単に安く手に入る最強の食品と言っても

過言ではありません。感染症、生活習慣病の予防に繋がります。

 

 

 

 

野菜をとろう

 

野菜にはそれぞれ栄養がありどれを食べるか迷ってしまうかもしません。

そんな時は4色を1日に食べるという習慣を身につけましょう。

例えば赤色だったらトマト、紫だったらなすといった感じで色を見て

判断しましょう。野菜に含まれる栄養素は私たちに必要不可欠な存在です。

とくにジャンクフードを日頃食べる人は野菜不足になりイライラや疲れなどの

症状として体に現れます。

 

 

 

まとめ

 

しっかりとした栄養のあるバランスのとれた食事をしていれば

不調になることは少ないでしょう。ただ意識していてもなかなか

できないのが現状です。お腹を満たすだけと考えるのではなく

栄養をとることを仕事だと思えば自然とやる気が起きるでしょう。

仕事をおろそかにしたらミスを起こしそれが続けばクビになります。

食事も同じで偏ると不調となり体に現れやがて病気を引き起こします。

まずは食事から見直して仕事に邁進できるようにしましょう。




コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。