学ぶことで健康になり生産性をつくる
安い食品には安い理由がある。安く出せるワケとは!?
安い食品には安い理由がある。安く出せるワケとは!?

安い食品には安い理由がある。安く出せるワケとは!?


Photo by Robin Stickel on Pexels.com

 

近年、食品の価格が上がったのにもかかわらずお弁当や餃子

といった食品が格安で売られている。

どうしてそんなに安くできるのか疑問に感じたことはないでしょうか。

単に企業努力で安くなっただけでそんなにも安くなるのでしょうか。

そこには安くなるカラクリが隠されていたのです。

 

 

 

 

餃子が安い理由

 

よくスーパーで激安の冷凍餃子を目にします。

餃子には主に豚肉やニラ、キャベツといった

食品が使われています。一番価格に影響するのが豚肉です。

豚肉を使えば使うほど価格は上昇します。

激安餃子のほとんどが豚肉の量が少ししか入っていないのです。

肉のように感じるのは大豆タンパクを原材料とする代替品です。

高い食材を使うのではなく安い食材を使うから実現できる価格になるのです。

間違っても豚肉がたくさん入っているからという理由で買わないようにしましょう。

 

 

 

 

お弁当は安すぎる

 

お弁当が300円で買える良い時代に私たちは生まれました。

ただどう見てもこのクオリティが300円で出せると思いません、

安くする方法としてはスーパーで売れ残った食品を

お弁当の具材にするのはよくあることです。

そのほかに品質の悪い食材をしようし、砂糖や化学調味料を加えれば

大抵は美味しく蘇るのです。ましてや普通の食材を使うよりも私たちの

味覚がそちらに慣れているため美味しく感じてしまうのです。

 

 

 

 

まともに作ろうとすると500円はかかる

 

状態の良い食品でなおかつ国産にこだわり純粋な調理法でお弁当を作ると

だいたい500円〜600円くらいします。それが本来のお弁当の価格です。

ただそれだと私たちは高いを感じて安いお弁当にしか手が伸びません。

安いことは良いことですが、それが本当に良いことなのでしょうか。

安いのには必ずどこかに理由があります。そして安すぎると健康に影響が

出てきます。気をつけないといけないのは自分の目でどんな材料や調味料が

使われているのかよく確かめて安心できるものを買うようにしましょう。

 

 

 

まとめ

 

安い食品を買うなということではありません。安くするにはコストを

抑えるために色々とカットしていることを知っておきましょう。

大切なのは自分の目で何が使われているのか見て判断することです。

それでいいと思うなら安い食品は家計の負担を減らすことができる良い

食品に生まれ変わるのです。




コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。