学ぶことで健康になり生産性をつくる
生産性を高め自由な時間を手にいられる方法。無駄な時間をなくそう。
生産性を高め自由な時間を手にいられる方法。無駄な時間をなくそう。

生産性を高め自由な時間を手にいられる方法。無駄な時間をなくそう。


Photo by cottonbro on Pexels.com

 

最近よくスーパーでセルフレジを見かけます。

ここ数年でいろいろな店舗に導入されてとても便利な世の中になりました。

徐々に私たちが普段仕事でしていたことを技術の発展により

機械が代わりにするようになりました。

これは大幅な人件費削減につながります。

 

 

 

本当によくなっているのか

 

こうした良い面も見られるのですがそれなのに

私たちの仕事に費やす時間がいまだに昔と

変わっていません。本当に私たちの生産性は上がっているのでしょうか。

こうした機器を上手く使ったりすればもっと自由な時間が手に入るのに

得た時間を多くの人はもっと仕事を増やしてしまいます。

 

 

 

 

日本人は残業が大好き

 

いまだに残業という言葉をよく聞きます。残業している人=仕事ができる人と

思われがちですが時間内に仕事が終わらなかっただけのことです。

それとは別に多くの人が給料が出るからといった理由で

残業を好む傾向にあります。果たしてそれは生産性を高めているでしょうか。

時間を増やして給料を上げるのではなく

8時間かかる仕事を6時間にすることが生産性をあげるために必要なことです。

その空いた時間をインプットの時間に使い、いろいろな知識を身につけて

さらに生産性が上がるようにすることが大切なのです。

 

 

 

 

全てやる必要はない

 

自分にできないことはやる必要はありません。

仕事以外に料理、買い物、掃除などといったことは

外注サービスを利用しましょう。

自分で考えなくても良いことやらなくてもいいことはする必要はないのです。

自分がやらないといけない時間とやらなくてもいい時間を明確化することにより

今何に時間を費やさないといけないかが見えてきます。

 

 

 

まとめ

 

時間は一生ものです。その時間をやらなくてもいいことに

使うのはやめましょう。旅行に出かけたりとしたいことは

たくさんあるはずです。仕事だけが人生ではありません。

お金を稼ぐことが幸福ではないです。自分がしたいことをする。

いっていないとこに出かける。見たいものを見る。世の中にはすばらいしいこと

がたくさんあるはずです。そのためにも仕事や家事の生産性をあげて自由な

時間を作れるように取り組んでいきましょう。



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。