学ぶことで健康になり生産性をつくる
健康になる3つの方法。食事で寿命を伸ばそう。
健康になる3つの方法。食事で寿命を伸ばそう。

健康になる3つの方法。食事で寿命を伸ばそう。


Photo by Alexandr Podvalny on Pexels.com

 

 

 

普段に健康を意識していますか?

ファストフードをよく食べたり夜遅くまでゲームをしていると

不健康な生活習慣になります。人間は誰しも長く生きたいと思うものです。

1日でも元気な状態でいられるようには日頃の健康管理が大切になります。

その中でも食事を気をつけると健康に近づくことができます。

少しでも意識して取り入れてみてください。

 

 

 

 

豆をたくさん食べよう

 

大豆などの豆類には良質の植物性タンパク質だけではなく

動脈硬化を防ぐとされているビタミンEが多く含まれています。

また抗酸化作用であるポリフェノールが豊富で

私たちの体を老化から守ってくれます

実際に世界の長寿地域では豆類がよく食べられています。

イタリアのサルディーニャ島中部バルバギアでは

小さめのそら豆が日常的に食べられています。

沖縄では昔から、大豆を原料とした島豆腐という固めの木綿豆腐が

ゴーヤチャンプルなどの郷土料理に使われています。

簡単に手に入る食品は豆腐、納豆といった大豆製品があります。

 

 

 

 

ポリフエノールで若返る

 

老化を防ぐ物質としてよく知られているポリフェノールには

いろいろな種類があります。

赤ワインとブルーベリーにはアントシアニン。

大豆にはイソフラボン。コーヒや紅茶にはタンニン。 

緑茶にはカテキン。玉ねぎ、柑橘類にはルチン。 

チョコレートにはカカオポリフエノールが含まれています。

世界長寿ランキング1位と2位の方は2人とも毎日のように

チョコレートを食べていたそうです。

チョコは赤ワインよりも10倍多いポリフェノールを含んでいます。

 

 

 

 

食べすぎないことが健康の第一歩

 

高齢にも関わらず元気に体を動かしている人たちの多くは

お腹いっぱい食べるということをしていません。

満腹になると体が重く、動きが悪くなるからです。

100歳まで生きる人たちの共通点に腹8分目まで

食べるというのがあるそうです。

ちょっとしか食べないと体力がつかない

かといって食べすぎるのもいけないということです。

ただ人間にとって食べることは喜びの一部であり

多くの人はその誘惑に負けてしまいます。

 

 

 

まとめ

 

毎日の食事に豆を取ることや抗酸化作用があるものを

取り入れることで健康に近づくことができます。

そして心がけるべきポイントはゆっくり噛んで食べることや

満腹まで食べるのではなく1日の食事回数を増やすなどをして

なるべく腹8分目の状態をキープしましょう。

毎日元気でいられるようにがんばりましょう。




コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。