学ぶことで健康になり生産性をつくる
温泉に入って疲れをとろう。エンドルフィンが分泌されリラックスできる。
温泉に入って疲れをとろう。エンドルフィンが分泌されリラックスできる。

温泉に入って疲れをとろう。エンドルフィンが分泌されリラックスできる。


 

Photo by Aru0131n Turkay on Pexels.com

 

 

疲れた感じたときや

体がバキバキで動かないなと

思ったら温泉に入りましょう。

 

温泉に入るととても身体と

脳がリフレッシュされます。

 

温泉に入って気持ちいいなと

思った時に私たちの脳は

「エンドルフィン」が分泌されます。

 

このエンドルフィンが重要なのです。

 

 

 

 

エンドルフィンの効果

 

「エンドルフィン」とは脳内で機能する

神経伝達物質のひとつです。

 

「エンドルフィン」は

多幸感をもたらすと考えられています。

 

疲れたときや嫌なことが

続いた日などは入浴をし

幸せを高めてくれる

「エンドルフィンを」誘発させましょう。

 

 

 

 

大人になると良さがわかる

 

大人になって温泉の良さが

子供の頃と比べていいなと

わかるのは仕事や人間関係が

原因で溜まったストレスを

「エンドルフィン」が癒してくれる

おかげなのかもしれません。

 

世の中はストレス社会です。

 

ストレスが溜まった時は

カラオケや運動などをして

発散すると良いでしょう。

 

銭湯に行くのもその一つです。

 

 

 

 

 

入浴だけではない

 

他にも「エンドルフィン」を

分泌できる方法があります。

 

それは笑うことです。

 

笑顔になることでも

エンドルフィンが

分泌されると言われています。

 

理想は家のお風呂に入って

気持ちいいと言いながら笑顔に

なることが最高のエンドルフィンを

作り出している状態になります。

 

とある研究では毎日入浴する人と

そうでない人の幸福度を調べたところ

毎日入浴する人の方が

高いという結果が出ました。

 

 

 

 

まとめ

 

温泉に入ると疲れが癒やされるだけ

ではなくエンドルフィンが

分泌され幸せに感じることがわかりました。

 

気分がでず落ち込んでいる時や

うまくいかない時は

銭湯にいき心から癒やされましょう。

 

おすすめは露天風呂です。

 

空がこんなにも綺麗だと実感できるでしょう。

 

週末は銭湯に行きましょう。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 




コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。