学ぶことで健康になり生産性をつくる
人は一つのことにしか集中できない。複数ことを同時に行うのはやめよう。
人は一つのことにしか集中できない。複数ことを同時に行うのはやめよう。

人は一つのことにしか集中できない。複数ことを同時に行うのはやめよう。


 

Photo by Helena Lopes on Pexels.com

 

今すぐやらないといけないことが

あるときに限って邪魔が入ります。

 

結局1日働いて何もできなかったと

思うことはよくあることです。

 

私たちの集中力が続かない原因は

一体どこにあるのでしょうか。

 

 

 

集中できない原因は?

 

私たちが生活しているときは

常に気が散っている状態にあります。

 

この状態が続いては物ごとが

うまくいくはずがありません。

 

余計な雑念に邪魔されないような状態や

外部からの刺激を断ち切る工夫を

することが必要になってきます。

 

 

 

 

複数のことを同時にできる?

 

そもそも人間の脳は一度に

複数のことに注意を

向けるのができないのです。

 

最新の研究でも脳は一度に

2つ以上のことを

集中できないとされています。

 

 

 

 

複数のことをすると生産性が下がる

 

マルチタスクをしていると

一つのことが疎かになり

生産性が落ちるだけではなく

集中力の低下にもつながります。

 

人は目の前にあるタスクよりも

新たなタスクの方に注意が

向けたくなってしまう傾向あります。

 

 

 

 

集中を奪うものたち

 

私たちは常に誘惑と隣り合わせにいます。

「スマホ」「テレビ」などを四六時中みたり

お菓子などをみたら

つい手にとって食べてしまいます。

 

誘惑と距離を置けば置くほど

「意志の力」を保つことができます。

 

 

 

 

まとめ

 

様々な理由により私たちの

集中力は簡単にも続かなくなります。

 

それにより一つのことが疎かになり

生産性が落ちていきます。

 

そうならないためにも一度に

複数のことをするのをやめて

スマホなど手に届かないところに

置くなどのことをして

一つのことに集中して取り組みましょう。

 




コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。