学ぶことで健康になり生産性をつくる
おやつを食べながら健康を目指す生き方。おやつが食べ過ぎを防ぐ。
おやつを食べながら健康を目指す生き方。おやつが食べ過ぎを防ぐ。

おやつを食べながら健康を目指す生き方。おやつが食べ過ぎを防ぐ。


 

Photo by Julio Melanda on Pexels.com

 

おやつは食べると太るといった

健康面に関して良くなかったりと

否定的な意見があげられます。

 

しかしおやつは

「食べ方」「選び方」

次第では痩せることも

健康になることもできます。

 

世の中には素晴らしいおやつが

沢山はあふれています。

ガマンするのではなく

上手に選んでおやつを食べましょう。

 

 

 

おやつは食べ過ぎを防ぐ

 

昼食と夕食の間が長ければ

長いほど人はお腹が空きます。

 

そうなると夕食でつい

沢山の量を食べてしまいます。

食べすぎると肥満の原因になったり

老化を早めたりとかえってよくないのです。

 

そんな時に活躍するのが「おやつ」です。

 

昼食と夕食の間に間食を

挟むことによって夕食の

食べ過ぎを防いでくれます。

 

 

 

 

太る原因とは

 

1日で摂取したカロリーが

その人の1日の消費カロリーを

超えていれば太り少なければ痩せます。

 

朝・昼・夕と3食お腹一杯に食べて

さらにおやつを食べると

カロリーオーバーになります。

 

 

 

 

200キロカロリーまでなら大丈夫

 

おやつの目安として1日に

200キロカロリーまでと言われています。

 

これはどのくらいかと例えると

 

・りんご      1個

・おにぎり     1個

・ポテトチップス  3分の1袋

・板チョコ     半分

 

と言うような感じになります。

 

ポテトチップスのようなお菓子には

たくさんの「砂糖」「塩」が

使われて中毒性が高いので注意が必要です、

 

 

 

 

まとめ

 

おやつは昼食や夕食の食べ過ぎを

防ぐといった良い面もあげられますが

 

食べすぎると逆効果になるため

上手な選び方が求められます。

 

うまく自分でコントロールをし

食べるときは食べて

ストレスがないようにしていきましょう。

 

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。