学ぶことで健康になり生産性をつくる
カフェインのとりすぎは危ない!カフェインによる効果と副作用
カフェインのとりすぎは危ない!カフェインによる効果と副作用

カフェインのとりすぎは危ない!カフェインによる効果と副作用


 

Photo by Kevin Menajang on Pexels.com

 

眠なった時に欠かせないものと

いったら「カフェイン」があげられます。

 

カフェインはコーヒーを代表とし

お茶やココアをはじめ

栄養ドリンクやエナジードリンクに

含まれています。

 

たくさん飲みたい気持ちはわかりますが

大量に飲むと健康に悪影響になるため

量を気をつけて飲むようにしましょう。

 

 

カフェインの効果

 

カフェインの主な作用としては

「眠くなりにくい」ことがあげられます。

 

これは眠気や疲労などを根本的に

取り除いているのではなく

脳の中枢神経を興奮させて

体に無理をさせているのです。

 

 

 

 

カフェインの副作用

 

長期間の大量のカフェインをとると

「頭痛」や「集中力低下」など

といった症状が出てきます。

 

これは体に無理をさせた

カフェインの「副作用」によるものです。

 

 

 

 

一時的な錯覚に陥る

 

カフェインを摂取すると

「アドレナリン」が放出されます。

 

アドレナリンが分泌されると

血糖値や血圧が上昇し眠気や

疲労感がなくなり元気になったかの

ような錯覚に陥ります。

 

一時的なものであるため

体には良くありません。

 

 

 

 

少しずつ減らしていこう

 

大量に摂取している人が急にやめると

立ち上がれなかったり具合が悪くなります。

 

徐々に量を減らしていき

カフェインを立ちましょう。

 

 

 

まとめ

 

大量に飲むといろいろな「症状」が

でることがわかりました。

 

時にはコーヒーを飲んで

リフレッシュすることも大事です。

 

ですが間違っても「大量」に

摂取することがないようにしていきましょう。

 



コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。