学ぶことで健康になり生産性をつくる
栄養ドリンクはただのジュースである。カフェインに気をつけよう。
栄養ドリンクはただのジュースである。カフェインに気をつけよう。

栄養ドリンクはただのジュースである。カフェインに気をつけよう。


 

Photo by Sean Patrick on Pexels.com

 

疲れた時の必須品といえば

栄養ドリンクがあります。

 

「24時間戦えますか?」などの

キャッチコピーで栄養ドリンクは

サラリーマンを代表として

受験生から高齢者まで

様々なそうのニーズにあった

商品が開発されています。

 

しかし栄養ドリンクを飲みすぎると

健康を損ねてしまう恐れがあります。

 

 

 

栄養ドリンクの魅力

 

栄養ドリンクは薬局やコンビニで

手軽に買えるのが魅力の一つです。

 

価格も100円から1000円のものまで

色々あり「シャキッ」として

疲れが取れる感覚が起こります。

 

 

 

カフェインと砂糖

 

しかし基本的にはどれも「カフェイン」と

「液糖」で元気が出る効果を演出している

「ソフトドリンク」にすぎません。

 

だからといって副作用の

リスクがないわけではないのです

 

飲みすぎるとどんどん量が増えて

「カフェイン依存症」に陥ります。

 

 

 

一度手を出したらやめられない

 

頭痛や集中力が続かないといった

症状が出たら明らかにカフェイン依存です。

 

特に注意が必要なのはレッド・ブルや

モンスターといったエナジードリンクです。

平均的な健康ドリンクと比べ「カフェイン」が

6割多く配合されている上に

炭酸が入っているので

「カフェイン」が強く効くようになっています。

 

価格も安くて頭が「シャキッ」と

するなどの理由で手放せないです。

 

 

 

一部海外では売られていない

 

海外では栄養ドリンクの飲みすぎて

10を越す「死亡事故」が起きていると

言われ「フランス」「ドイツ」では

販売禁止になっています。

 

 

 

まとめ

 

以上のことから栄養ドリンクはほぼ

ジュースといっても過言ではありません。

 

モンスターやレッドブルに

頼るのではなく日頃の生活習慣の

睡眠をしっかりとっていれば

眠くならず快適な1日を

過ごすことができるのです。

 

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。