学ぶことで健康になり生産性をつくる
洗顔のしすぎは肌に毒である。洗いすぎには要注意!
洗顔のしすぎは肌に毒である。洗いすぎには要注意!

洗顔のしすぎは肌に毒である。洗いすぎには要注意!


 

Photo by Tara Winstead on Pexels.com

 

肌の健康を維持するために

気をつけたいことが「洗顔」です。

 

日常的に乾燥肌や肌荒れに

悩む人がとても増えてきています。

毎朝晩顔を洗っている人も

いらっしゃるかもしれません。

「洗いすぎないこと」が大切です。

 

もちろん肌は綺麗に保って

おきたいですが肌は洗いすぎると

傷ついてしまうことを忘れないでください。

 

 

 

肌の機能

 

肌にはもともと新陳代謝という

機能があり汚れがついても

角質の剥離成分(垢)

一緒に毎日自然に落ちていくものです。

 

目に見える汚れがあったら

石鹸で洗いますが普段は

ぬるま湯や水ですすぐ程度でも十分なのです。

 

 

 

洗いすぎは要注意

 

自分で毛穴の奥の汚れを

落とそうとする必要はありません。

 

洗いすぎてしまうと肌表面の皮脂や

常在菌が減ってしまい

皮膚構造が傷つきやすくなります。

 

その結果「乾燥」「湿疹」「アレルギー」

などを起こすリスクが高くなります。

 

 

 

まとめ

 

私たちは毎日のように洗顔をして

きましたがそれは「肌」にとって

マイナスなことでした。

 

少しずつ回数を減らしていき

洗顔剤に頼らなくても

美しくてキレイな肌になるよう

心がけていきましょう。

 

できるだけ肌に触れる回数を

減らしていくのもポイントです。

 

 




コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。